活動内容

次世代型水道管路漏水情報管理システム(AIMS)について

日本の60万Km以上にもおよぶ水道管路から、
ただ一点の漏水ジャストポイントを絞り込むために!

作業効率、調査品質を従来より大幅に引き上げ、未来に想定される人口減少などの課題に対しても真剣に取り組むことで、無線型漏水監視ユニット・データ通信無線ユニット・パトロールデータのクラウド上の運用など、日本の「モノづくり」の技術を結集して完成した、次世代型水道管路漏水情報管理システムです。

次世代型水道管路漏水情報管理システム(AIMS)の特徴

  1. 無線型漏水監視ユニットを設置することで、車両によるパトロールだけで漏水監視を可能としたシステム
  2. 水道事業に影響を及ぼすような漏水の発見を効率的に精度良く発見することに特化したシステム
  3. 無線型漏水監視ユニットは設置後4年以上メンテナンスフリーで運用可能
  4. 無線型漏水監視ユニットの価格は既存の漏水判定機器とは比較にならないほど安価

AIMS(アイムス)の概要

従来の漏水調査は、熟練調査員による戸別音聴調査が主体ですが、AIMS(アイムス)は、水道管路施設の広範囲に無線型漏水監視ユニットを常設し、定期的に車両パトロールを行い、漏水判定された箇所をスポット的に調査するシステムです。 漏水を効率的に、そして精度よく発見することに特化しています。

またアイムスの車両パトロール状況や調査状況は、動態管理を導入する事でGPSデータと地図データを連動した形で水道事業体様や他の漏水管理会社・団体様のパソコン上にて最新のリアルタイム情報としてご覧になれます。

このシステム導入により、熟練者に委ねられる必要もなくなることから、誰でも水道事業の維持管理業務に参入する機会が得られるほか、今後の人口減少や技術者不足による漏水監視の脆弱性も回避可能です。

水道管路管理(漏水対策)業務委託積算要領の頒布

積算要領を作成いたしております。お気軽にお問い合わせください。
  • 協会員募集
  • 公益社団法人 日本水道協会
ページトップへ戻る